初心者がFX通貨ペアを選ぶポイントは?

FXでは、証拠金にレバレッジという仕組みを使って、大きな金額にして動かすことが可能です。また通貨は必ずペアを作って売買を行なうため、このペアの選び方という点でも、初心者は悩むかと思います。日本円と外国為替でもいいですし、外国の通貨同士でも組み合わせは可能です。


<FXの通貨ペアの役割は?>

これは対になっている通貨で、口座やマーケットで選ぶ場合には、スラッシュで区切って表示すると統一されています。右側を売って、左を買うというルールもあります。外貨預金の場合、円からユーロに変えて、円からドルに変えて、など、日本円を基準としていましたが、FXの場合、このペアをユーロとドルに選択することで、日本円にも縛られない外貨投資ができるそうです。


<一番多いのはアメリカドルとユーロの組み合わせ>

この通貨ペアで最も利用者が多いものが、アメリカドルとユーロの組み合わせだそうです。人気の高い通貨ペアほど、情報量も多いということから、売買に関する情報も得やすくなるため、初心者が利益を出しやすくなるという意見もあるそうですが、ユーロやドルに関する情報は、英語で発表されているものもあります。語学力などもつけていくと、将来的にも役に立ちますし、FXでも情報が確認しやすいそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXのシストレ、自動トレードがここまで進化

FXではシステムトレーディングが一般化したことで、難しい裁量を考えずに売買ができると、非常に初心者も投資を開始しやすくなったそうです。レバレッジなどの設定は自分で考えなくてはいけませんが、今までのようにチャートに張り付いて、売買のタイミングをうかがっている必要はなくなっているそうです。


FXは売買をシステムに任せておく

FXや投資では、一番利益の邪魔をしてしまうものが、人間の欲という考え方をする専門家が多いそうです。もしかして、あがってくれたら、という感情ですが、投資では、明確な理由や事情があって、価値が動きます。そのため、これ以上は上がらない、というラインも実ははっきりしているのだそうです。そこで売買に感情を挟まないというシストレを利用している人もいるそうです。


買いの注文もシステムでできるように

もしも今気にしている通貨が、今よりも2円下がったら欲しい、などということはFXでよくある光景とも言われています。このような注文も、システムに記録することで予約をかけることが可能になっているそうです。プロの投資家が過去に使っていたこともあるということから。利益の確定などだけでなく、自分がチャートをチェックできない時間にも売買を継続するリスクヘッジアイテムとして導入する人も多いそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FX口座でプチ投資、バイナリーオプション

FX口座では、レバレッジを設定して、外貨為替の売買を行なうだけの投資を扱っていると思われているようですが、実は10分で完結する、プチ投資のような商品があることを知っていますか?バイナリーオプションというもので、これはトレード開始から決済までがあっという間にできるので、初めての投資におすすめです。


FX口座で、ちょっと先の為替を予測

FX会社の行うバイナリーオプションでは、決められた時間に円がどのようになっているかを予想します。投資は一回につき1000円と決まっていて、予想が当たれば倍になります。外れると1000円は会社のものとなる、簡単なシステムです。現在は規制が進行し、2時間以上の感覚を開けるなどの条件も追加されたようですが、ギリギリまで取引が可能な会社も多いそうです。


改正後は何が変わったの?

変わった点は、会社が10分後に円高になるか、円安になるかを考えてください!というような数分後に毛化がわかるという様な取引時間が、開始してから2時間は時間を持たなくてはいけなくなったことです。また今までは購入した時点で、購入した金額以上に円安になるか否かを判断するもの、でしたが、改正後は、会社が発表している金額よりも、円高や円安かを判断します。購入金額も変動しますが、代わりに転売も可能になったそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXの為替予測は誰でもできるもの?

FXは先物取引という投資になっていますから、将来の外貨の価値を考えます。しかし、初心者でもこの予測がきちんとできるものなのか?と不安になる人も多いかと思います。FXで多く利用されている2つの分析方法についてご紹介します。


FXを過去データから予測するテクニカル分析

FXを過去の値動きのデータから分析する方法は、まだ情勢などから外貨の動きを読み切れないという人や、初心者に多いテクニカル分析という方法だそうです。秒単位や分単位、時間単位、長い場合には年単位での外貨の動きを過去のデータから洗い出していくもので、これには特別な知識などはいらないという入りやすさがありますが、急激で、過去に例のない変動をした場合には、弱くなると言われています。


世界のニュースなどを参考にするファンダメンタル分析

こちらはセミナー開催などに参加する、自分で勉強する必要がありますが、テクニカル分析のように過去のデータだけでなく現状、今起きていることに対して、外貨がどうなるかを考えます。過去に例がない場合でも、この国の価値の暴落は、接点の多い国の外貨にも影響があるなど、総合的に判断が可能となるそうです。多くの場合、この方法とテクニカル分析を併用することで、正確な予想に近づくという考え方をしているそうです。長期トレードの場合にはレバレッジを下げても、先を読む力がいるので、ファンダメンタル分析が必須なのだそうです。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FX口座はいいとこどりで、複数管理

FX口座はインターネット経由で簡単に開設できることが、副業として開始しやすいと言われる理由にもなっているそうです。FX口座を開くために必要な管理料金なども全くかからない会社も多くなっているので、口座開設にかかる初期費用が必要ないというのも、嬉しいことです。


FX口座は複数管理がとうぜん?

FX口座を作るときに、サポート体制ではこっちの会社がいい、でもこの会社のセミナーの評判がすごくいいから……と悩む人もいるかと思いますが、このような場合には、口座だけを開設するという人も多くなっているようです。FX口座は、レバレッジの規制がかかってからどこも25倍を上限としている会社も多いので、比べて選ぶには、サポートやスプレッド以外に、無料セミナーなど会社が提供するサービス内容でほしいものを探すことが非常に大切になっています。


いいところだけ、フル活用しよう

例えばサポートに優れている場合、取引手数料などが別にかかるかもしれません。それでも初心者にはm手厚いサポートがあったほうがありがたいのですが、慣れてくれば、そうではなく手数料はいらない業者を探すようになるそうです。そこで、トレードに必要な情報を集める口座、セミナーなどの内容が充実している会社、と選ぶ、情報だけを収集して、効率のいい会社でトレードを行うというのが複数管理です。

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。

FXのスワップポイントで有利な通貨ペアはある?

FXでは長期間、もっている通貨ペアをロールオーバーさせると、金利差益を受け取ることができます。この場合には、あまり高いレバレッジの設定はせず、可能な限りでリスクが最初からかからないトレードをメインとしていて、できる限り少ないリスクで、外貨を保有することとなります。


FXの外貨ペアは情報量=流通量

FXでは外貨の情報を得ることが、スワップポイントで利益を出すために最も大切なポイントとなると考えられているそうです。通貨の情報というのは、流通している量に比例することが多いと言われることから、初心者などにはメジャー通貨という通貨がいいそうです。スワップポイントの場合は金利が低い日本円と、金利の高いドルなどが一般的に多い組み合わせと言われるのですが、日本円ではなく外貨同士でペアを作ることも可能です。


英語力が必要になることも

外貨の情報は、ドルなど流通しているものだと英語で情報が出ていることもあります。もちろん、世界の政治の状況や、どの国の何が、自分の保有している通貨へ影響を与えるのか、という問題もしっかりと把握する必要がありますが、情報収集には英語力が必要になるケースもあるそうです。もちろん、語学力は一生の自分の財産になりますから、FXと同時に英語も学習してはいかがでしょうか?

Posted in FX レバレッジ | コメントは受け付けていません。