高レバレッジのFXといえばスキャルピング

FXのなかで高レバレッジの取引がしやすいのは、スキャルピングと呼ばれる取引です。
基本的に、FXでは「高レバレッジの取引は危険!」と解説しているサイトが多いのですが、ある条件下ではそれも1つの方法として認められています。
しかし皆様もご存知のとおり、倍率が上がるということはハイリターンになる一方で、ハイリスクにもなるということです。
リターンだけ上がる取引は存在しません。


<短時間FXのスキャルピングとは>

スキャルピングとは、FXで一番取引時間が短い取引です。
取引の名称は、主に取引時間によって分けられます。
スキャルピング、デイトレード、スイングトレードが主な取引で、それぞれ数秒から数分、1日、数日から1週間というふうに区分けされています。
数秒で判断するスキャルピングはそれだけ難しいですが、ハイレバレッジなので黒字になった瞬間に決断できればOKです。


<ハイレバレッジということはハイリスク>

黒字になった瞬間に決断するということは、赤字になった瞬間には逃げていなければいけません。
もっと言えば、赤字になる傾向が見えたときにはすでに取引を終了していなければ、トータルの収支が減っていくだけです。
こういった手法を「損切り」といい、この判断がどれだけ早く出来るかどうかがトータルのプラスに大きく影響します。

This entry was posted in FX レバレッジ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.