FXのシストレ、自動トレードがここまで進化

FXではシステムトレーディングが一般化したことで、難しい裁量を考えずに売買ができると、非常に初心者も投資を開始しやすくなったそうです。レバレッジなどの設定は自分で考えなくてはいけませんが、今までのようにチャートに張り付いて、売買のタイミングをうかがっている必要はなくなっているそうです。


FXは売買をシステムに任せておく

FXや投資では、一番利益の邪魔をしてしまうものが、人間の欲という考え方をする専門家が多いそうです。もしかして、あがってくれたら、という感情ですが、投資では、明確な理由や事情があって、価値が動きます。そのため、これ以上は上がらない、というラインも実ははっきりしているのだそうです。そこで売買に感情を挟まないというシストレを利用している人もいるそうです。


買いの注文もシステムでできるように

もしも今気にしている通貨が、今よりも2円下がったら欲しい、などということはFXでよくある光景とも言われています。このような注文も、システムに記録することで予約をかけることが可能になっているそうです。プロの投資家が過去に使っていたこともあるということから。利益の確定などだけでなく、自分がチャートをチェックできない時間にも売買を継続するリスクヘッジアイテムとして導入する人も多いそうです。

This entry was posted in FX レバレッジ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.