FXの為替予測は誰でもできるもの?

FXは先物取引という投資になっていますから、将来の外貨の価値を考えます。しかし、初心者でもこの予測がきちんとできるものなのか?と不安になる人も多いかと思います。FXで多く利用されている2つの分析方法についてご紹介します。


FXを過去データから予測するテクニカル分析

FXを過去の値動きのデータから分析する方法は、まだ情勢などから外貨の動きを読み切れないという人や、初心者に多いテクニカル分析という方法だそうです。秒単位や分単位、時間単位、長い場合には年単位での外貨の動きを過去のデータから洗い出していくもので、これには特別な知識などはいらないという入りやすさがありますが、急激で、過去に例のない変動をした場合には、弱くなると言われています。


世界のニュースなどを参考にするファンダメンタル分析

こちらはセミナー開催などに参加する、自分で勉強する必要がありますが、テクニカル分析のように過去のデータだけでなく現状、今起きていることに対して、外貨がどうなるかを考えます。過去に例がない場合でも、この国の価値の暴落は、接点の多い国の外貨にも影響があるなど、総合的に判断が可能となるそうです。多くの場合、この方法とテクニカル分析を併用することで、正確な予想に近づくという考え方をしているそうです。長期トレードの場合にはレバレッジを下げても、先を読む力がいるので、ファンダメンタル分析が必須なのだそうです。

This entry was posted in FX レバレッジ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.